中日のゲストが観光交流?協力を語る

  26日に開幕した2019中日文化観光交流會in大連で、中日のゲストは、主催側の代表である人民中國雑誌社の陳文戈社長の司會の下、「新時代の中日地方都市の文化観光交流?協力の推進」というテーマを巡り、討議を行い、経験を共有した。

中國観光研究院の戴斌院長は講演の中で、習近平主席がアジア文明対話大會で提起したアジア観光促進計畫を実現するための三つの提案を行った。一つ目は個人旅行客や文化レジャー目的の観光客に向けたアジア版の「共通ビザ」を検討すること、二つ目は文化と観光が一體となった満喫型旅行を普及させること、三つ目は観光市場の主體の役割をより十分に発揮し、若者が観光業に參加するように取り組むことだ。

日本からのゲストは今回の機會を生かして、それぞれの地元と中國とのつながりおよび地元の特色を紹介した。中でも巖手県の達増拓也知事は、中國人にも親しまれている巖手県の名曲『北國の春』を會場で歌い、満場の拍手を受けた。

ゲストの講演を通して、來場者は中日の地方都市の風景を知り、中日文化観光交流の現狀と課題を理解し、將來にわたって協力を展開していく無限の可能性に気付いた。

 

人民中國インターネット版

人民中國インタ-ネット版に掲載された記事?寫真の無斷転載を禁じます。
本社:中國北京西城區百萬荘大街24號  TEL: (010) 8837-3057(日本語) 6831-3990(中國語) FAX: (010)6831-3850
上海天天彩选3