フォーラムの歩み
「北京―東京フォーラム」は中國の國務院新聞弁公室が提唱?支持し、中國日報社と日本の特定非営利活動法人「言論NPO」が2005年に設立した中日民間交流の場だ。2015年から中國外文出版発行事業局と言論NPOとの共催になり、北京と東京で毎年交互に開催している。フォーラムは中日雙方の意思疎通や不一致の縮小、信頼増進を図り、両國の世論をリードしている。すでに両國間のハイレベルな民間対話と交流の重要なプラットホームとなっており、中日関係の発展促進に大きく貢獻している。
第14回「東京―北京フォーラム」閉幕 中日主催が共同で「東京コンセンサス」発表
10月15日、中國外文局と言論NPOが共催する第14回「東京―北京フォーラム」が東京で幕を下ろした…
第14回「東京―北京」フォーラム 未來に向けた意見數々
第14回東京-北京フォーラムが東京で開幕 中日平和友好條約の意味を考える
第14回「東京―北京フォーラム」 東京で友好と協力を語る

2018年中日共同世論調査

中國側は中日関係の重要性を認識、協力の強化に期待

第14回北京-東京フォーラムが10月中旬に東京で開催
 
フォーラムスケジュール
   
中國社會科學院日本研究所副所長
楊伯江
中日平和友好條約締結40周年の今、いかにして條約の精神が導く規範の下で、中日関係が40年間で遂げた進展を正確に評価できるか。これは中日両國が深く考えるに値する課題だ…
   
人民中國雑誌社総編集長
王衆一
中日関係はこの40年間、幾多の風雨を経験し、紆余曲折の中で絶えず発展してきた。この數年間、中日関係は厳しい試練にさらされたが、昨年から好転する兆しが見え、希望がもたらされた…
   
中國國際戦略研究基金會
張沱生
東アジアひいてはアジア?太平洋地域における大國関係、とりわけ中日米の関係は地域の平和と安定、発展に大きな影響を與えている…
   
中國社會科學院日本研究所政治室主任
呉懐中
近年、中國と日本は歴史上初めて「新常態(ニューノーマル)」に入った。両國関係は必ず安定し、調和の取れた狀態に達するが、その前に「複雑な調整過渡期」、すなわち新常態がある…
   
東京大學公共政策大學院院長
高原明生
日中関係を研究するとき、二つの面でバランスを取る必要がある。まず、多角的に日中関係を考えることである。ある分野だけに注目するのではなく、あらゆる角度から見ないと、正しい判斷を下せない…
   
元駐中國大使
宮本雄二
日中平和友好條約は、日中の間に「恒久的な平和友好関係」を発展させ、「すべての紛爭を平和的手段で解決」することを約束している(第1條)…
U020181016393201329581.jpg ST20180928527147503634.jpg TIM圖片20180713165342.jpg ST20180928525781269210.jpg U020180713505876783457.jpg
 
第1回北京-東京フォーラム
アジアの未來の構築――中日関係:困難と希望
 
第2回北京-東京フォーラム
アジアの未來、新しい日中関係
 
第3回北京-東京フォーラム
アジアの未來、新しい日中関係
 
第4回北京-東京フォーラム
アジアの未來と中日の役割
 
第5回北京-東京フォーラム
世界経済危機の中の中日協力
 
第6回北京-東京フォーラム
アジアの未來と中日の貢獻
 
第7回北京-東京フォーラム
アジアの未來と経済再構築に向けた日中協力
 
第8回北京-東京フォーラム
世界と未來に向けた新しい日中関係
 
第9回北京-東京フォーラム
東アジアの平和?発展と中日両國の責任--中日平和友好條約の歴史的意義を再確認する
 
第10回北京-東京フォーラム
北東アジアの平和と中日両國の責任--対話の力で困難を乗り越える
 
第11回北京-東京フォーラム
困難と取り組み いかに長期的に健全で安定した中日関係を発展させるか
 
第12回北京—東京フォーラム
アジアや世界の平和と発展に向けた中日協力
 
第13回北京—東京フォーラム
より開放的な國際経済秩序とアジアの平和に向けた中日協力
上海天天彩选3