宮本雄二 元駐中國大使

 

日中平和友好條約は、日中の間に「恒久的な平和友好関係」を発展させ、「すべての紛爭を平和的手段で解決」することを約束している(第1條)。そして日中間の「経済関係および文化関係の一層の発展」と「両國民の交流の促進」に努めることを約束している。

これが日中戦爭を直接戦った世代の、われわれへの遺言であり指示である。この世代の指導者の、われわれに対する遺訓は、2度の世界大戦を経験した世代が殘した現在の國際システムとそれを支える理念は斷固として守らなければならない、というものであることにいささかの疑念もない。

日中平和友好條約締結40周年のこの機會に、日中両國は世界の平和と発展のための共創と協働を開始すべきである。世界の平和と発展のために共に何をすべきかについての議論を深め、現行の世界システムをさらにより良いものとするための建設的な具體的提案を行うべきである。(宮本雄二 元駐中國大使)

人民中國インタ-ネット版に掲載された記事?寫真の無斷転載を禁じます。
本社:中國北京西城區百萬荘大街24號  TEL: (010) 8837-3057(日本語) 6831-3990(中國語) FAX: (010)6831-3850


上海天天彩选3