第2回北京-東京フォーラム

 

日程 2006年8月3日~4日

場所 東京

テーマ アジアの未來、新しい日中関係

「第2回北京―東京フォーラム」が4日、2日間の日程を終えて閉幕した。中日雙方の主催者が発表した「共同聲明」によると、今回のフォーラムでは新しい変化があり、関連問題の解決に向けた具體的方策で合意に達した。主催者側はまた、持続的な情報公開と討論のため、中國語と日本語で見られる同フォーラムの公式ウェブサイトを立ち上げることを発表した。

共同聲明には、昨今の中日関係が國交正常化以來最低の狀況に陥っており、両國間の政治的障害や両國民の感情が疎遠になっていることに対する中日有識者らの憂慮が盛り込まれた。

「北京―東京フォーラム」は中國日報社、北京大學、日本の言論NPOが共同で提唱し、設立たもの。中日両國の評論家界、政界、産業界、文化界などから影響力のある人々が參加しており、開始から2年で民間交流の新たな窓口となりつつある。今回のフォーラムでは一定の合意がみられ、さらに情報公開と討論のためのウェブサイト開設が決まった。

フォーラムに參加した中國側の代表は人民政治協商會議外事委員會の趙啓正副主任、中國対外友好協會の陳昊蘇會長、元対外経済貿易部長で経済學者の石広生氏、元國連大使で全人代常務委員會の王英凡委員ら権威ある人々で、それぞれ異なる角度から自らの見解を語る基調講演を行った。このなかで趙啓正副主任は、中日関係の改善に向けて、內容の豊富な「公共外交」を行うべきだと指摘。「公共外交には両國の多ルートを通じた交流で國民同士の正しい理解を促進し、政治?経済関係の発展に幅広い民意の支持を得るという役割があり、その意味は大きい」と語った。

日本側からは、自民黨の中川秀直政調會長、小池百合子環境相、塩崎恭久外務副大臣など政府高官や國會議員らが、講演者や分科會討論での発言者として參加した。

「第2回北京―東京フォーラム」には中日合わせて60人余りの代表者が集まり、在日本中國大使館の王毅大使と、日本の安倍晉三內閣官房長官が祝辭を述べた。第3回は來年8月に北京で開催される予定となっている。

 

 

人民中國インタ-ネット版に掲載された記事?寫真の無斷転載を禁じます。
本社:中國北京西城區百萬荘大街24號  TEL: (010) 8837-3057(日本語) 6831-3990(中國語) FAX: (010)6831-3850


上海天天彩选3