第14回「東京―北京フォーラム」 東京で友好と協力を語る

 

友好と協力を象徴する美酒を楽しむ中日のパネリスト

 

1013日夜、國務院新聞弁公室の徐麟主任が第14回「東京―北京フォーラム」中國側代表団を率いて、東京で行われる歓迎レセプションに出席した。

 

徐麟國務院新聞弁公室主任 

徐主任はあいさつで次のように述べた。2005年の第1回開催以來、フォーラムは両國民の中日平和?友好への望みを託され、現在はすでに中日友好関係を促進し、國民間の相互理解を増進するハイレベルの官民の雙方向コミュニケーションと交流のプラットフォームとなっている。われわれは中日雙方のパネリストがフォーラム創設當初の趣旨を受け継ぎ、「アジアと世界の平和と協力発展に問われる日中の役割――日中平和友好條約の今日的な意味を考える」というテーマをめぐって踏み込んだ交流を行うことを心より望んでいる。われわれが手を攜えて、向かい合って歩み寄り、共に中日関係の安定した健全な発展のために新たな力を寄與することを祈る。

 

程永華駐日大使 

程永華駐日本大使はあいさつで次のように述べた。現在、両國の指導者は中日関係が正常な発展の軌道に戻るように推進し、一歩進んだ中日関係の未來の発展の方向を計畫した。中日雙方はこの得難いチャンスをつかみ、中日関係が安定しながら前進し、新しいより大きな発展を実現するように著実に推進すべきだ。われわれはフォーラムがアジアと世界の平和と発展のためにより多くの透徹した見解を提供することを期待している。

 

方正輝外文局副局長 

 中國側主催者である中國外文局の方正輝副局長はあいさつで次のように述べた。中國外文局は日本側とともに引き続き努力し、フォーラムを中日間が理解を深め、わだかまりを解消し、協力を求め、友好を深めるためのハイレベルの民間交流と対話の場にすることを望んでいる。

 

工藤泰志言論NPO代表 

河野太郎外務大臣はフォーラムに寄せたメッセージにおいて次のように指摘した。日中平和友好條約締結40周年の際に今回のフォーラムの開催は非常に有意義なものだ。今年、李克強総理が訪日し、安倍首相もまもなく訪中する。両國政府の指導者の相互訪問によって両國関係を推進することが、新しい時代の精神だ。今回のフォーラムの成功を心より祈る。

日本側主催者である言論NPOの工藤泰志代表はあいさつで次のように述べた。われわれは民間外交が特別な役割を果たせると信じている。現在、アジアと世界の情勢が激的な変化に直面している中、日中両國はアジアと世界が素晴らしい未來を迎えるように責任を共に擔わなければならない。

 

  鏡開き(寫真?沈暁寧/人民中國)  

 

友好的な雰囲気の中、歓迎レセプションで日本の伝統なお祝い行事である「鏡開き」が行われた。中日雙方のパネリストの代表者が共につちを手にして五つの日本酒の樽の蓋を叩き割り、みんなで杯を挙げて美酒を楽しみ、友好と協力を語り合った。芳しいお酒の香りが會場に漂い、今回のフォーラムで設けられた政治?外交、経済?貿易、メディア、安全保障、特別という五つの分科會で実り多い成果が上げられることを感じさせた。(沈暁寧=文 董芳=寫真 ) 

人民中國インターネット版 2018年10月15日

 

 

 

人民中國インタ-ネット版に掲載された記事?寫真の無斷転載を禁じます。
本社:中國北京西城區百萬荘大街24號  TEL: (010) 8837-3057(日本語) 6831-3990(中國語) FAX: (010)6831-3850


上海天天彩选3