フォーラムの歩み
  「北京―東京フォーラム」は中國の國務院新聞弁公室が提唱?支持し、中國日報社と日本の特定非営利活動法人「言論NPO」が2005年に設立した中日民間交流の場だ。北京と東京で毎年交互に開催している。
 このフォーラムは10年來、中日両國の政治、経済、貿易、外交、安全保障、文化、メディア、シンクタンクなど各界の著名人を招き、中日関係の重大な問題をめぐって交流や研究討論を行ってきた。また雙方の意思疎通や不一致の縮小、信頼増進を図り、両國の世論をリードしている。
第11回北京-東京フォーラムが閉幕 両國の交流に新たな啓発を
 中國外文局と日本の言論NPOが共同で主催する第11北京-東京フォーラムが25日午前、北京で幕を下ろした。會期2日にわたる會議で、中日両國の各界から出席した500人超の代表は「困難と措置:長期的な健全で安定した中日関係をいかに発展させるか」をテーマに両國が直面する問題や困難について率直な交流を行った...
中日関係の改善と発展、地域的な視野を=傅瑩氏
文化交流の拡大、中日の交流の不足を補う
北京‐東京フォーラム 政治?外交分科會の観點総括
三井物産顧問:ビジネス経験から見て中國経済の見通しは明るい
中日関係 全面改善の臨界點にまだ達していない=呉寄南氏
 
フォーラムスケジュール
 
上海日本學會會長
呉寄南
 國交正常化以來続いた43年の交流の絆は簡単に斷ち切られるものではない。現在最も大切なことは、4つの政治文書の原則的精神を遵守することである...
 
中國人民銀行副総裁
易綱
 全體的に見て、中國経済は當面の間、中高速の成長を維持する見込みだとし、GDP成長率は7%前後または6%臺を確保できると自信を示した。中國経済はいま「新常態」に入っている...
 
元國務院新聞弁公室主任
趙啓正
 「北京─東京フォーラム」は雙方の根本的利益、長期的利益、発展の目標にかかわる一定程度の戦略性を有している。今後の10年で、われわれはフォーラムをさらに高い段階に引き上げなければならない...
 
元駐中國特命全権大使
宮本雄二
 日中関係は現在解決の方向に向かっているが、冷靜に考えれば、両國は関係改善以外に選択の道はない。隣り合った大國がいがみ合っているというのは、雙方にとって良いことがひとつもないからだ...
 
京都府知事
山田啓二
 地方交流は中日関係の重要な側面であり、大切にしなければならない。どんなに多くの困難に直面する時期であっても、こうした関係は前に向って進むだろう...
 
第1回北京-東京フォーラム
アジアの未來の構築――中日関係:困難と希望
 
第2回北京-東京フォーラム
アジアの未來、新しい日中関係
 
第3回北京-東京フォーラム
アジアの未來、新しい日中関係
 
第4回北京-東京フォーラム
アジアの未來と中日の役割
 
第5回北京-東京フォーラム
世界経済危機の中の中日協力
 
第6回北京-東京フォーラム
アジアの未來と中日の貢獻
 
第7回北京-東京フォーラム
アジアの未來と経済再構築に向けた日中協力
 
第8回北京-東京フォーラム
世界と未來に向けた新しい日中関係
 
第9回北京-東京フォーラム
東アジアの平和?発展と中日両國の責任--中日平和友好條約の歴史的意義を再確認する
 
第10回東京-北京フォーラム
北東アジアの平和と中日両國の責任--対話の力で困難を乗り越える
 
上海天天彩选3