• 新天皇の「即位禮正殿の儀」(即位の禮)が昨年10月22日、東京で行われた。王岐山國家副主席が習近平國家主席の特使として參列したことは、日本の各界から注目され、議論の的となった。中國は1990年、當時の呉學謙國務院副総理を前天皇の即位の禮に派遣したが、今回出席した王副主席はレベルもランクも明らかに格上だ。これは中日関係の好転を反映するとともに、中國が今回の即位の禮を重視していることを示している。
  • 『歌で革命に挑んだ男: 中國國歌作曲者?聶耳と日本』の中國語版『不願做奴隷的人――聶耳伝』がこのほど、中國で出版された。これを機に本誌では著者である岡崎雄兒さんの特別インタビューを実施。知られざる中日友好の物語が著者の思い出話とともに今よみがえる。
  • 中國社會科學院日本研究所と南陽師範學院が共催する「中日人文対話――神話と伝説に関する國際シンポジウム」がこのほど、河南省南陽市にある同學院で開かれた。両國から集まった60人余りの専門家と學者が、中日の神話や伝説、文化、両國の文化?學術交流などの分野を巡って活発な討論を繰り広げた。
  • 日本中國友好協會が主催した第37回全日本中國語スピーチコンテスト全國大會が1月12日に開催され、日本各地から集まった選手たちが流ちょうな中國語で自分と中國、中國語との縁を語り、集まった観客の前で自身の思い出と未來への夢をスピーチした…
  • 中國の國家通信社、新華通訊社(新華社)傘下のニュースサイト「新華網」本部でこのほど、第10回「縦論(放談)天下」國際問題シンポジウムが開かれた…
  • 駐日中國大使館は1月8日、東京で「2020年中國大使館?日中友好団體新年會」を開催した。日本政府、日中友好団體、中國の在日企業、華僑?華人代表ら各界人士800人近くが出席した…
  • 中日関係は2018年に正常な軌道に戻った基礎の上で、積極的に良い方向に向かう発展のすう勢を2019年も引き続き保った。各分野の交流と協力は絶えず拡大し深化し、全面的改善の新たな狀況を示している…
  • 今年1月11?13日、中國の春節(舊正月)に先立ち、第14回「名古屋中國春節祭」が名古屋市の久屋広場で予定通り挙行され、今年の中日文化交流活動の序幕を開いた…
  • このほど、日本のAPCC(NPO法人アジア太平洋こども會議?イン福岡)青少年訪中団一行が北京を訪れた。 メンバーの勝永柾さん(17)は中國でホームステイ體験をしました。この2日間、天壇公園や萬里の長城などの名所舊跡をいろいろ見て回っただけでなく、中國人が過ごしたごく普通の日常生活も思う存分に満喫しました。 さて、今回の旅について、彼はどのような感想を持っているのか、一緒に見てみましょう!
  • 米國メディアによると、中國の5Gモバイル通信技術が進むにつれ、スマートフォン用セラミックコンデンサーを製造する日本の太陽誘電は、2020年にその部品の需要が増加すると見ている…
  • 日本のShorinji Kempoグループ訪中団100人が去年の12月22日~25日、北京を訪れた。
  • 中國人民対外友好協會の招きを受けた日本の大學生訪中団は、昨年12月20日~24日に北京を訪れ、北京市人民対外友好協會の案內の下、5日間にわたる滯在交流を行った。
  • 第7回中日韓ビジネスサミットが24日、四川省成都市で開催された。サミットでは科學技術、革新、グリーン、協力などのキーワードが頻繁に取り上げられた…
  • 第1回中日青少年書畫友好交流コンクールの最終選考會が12月21日、北京で行われました。活躍する參加者たちの姿を、ぜひ動畫でご覧ください?

上海天天彩选3