第37回全日本中國語スピーチコンテストが東京で開催

2020-01-17 15:10:58

 

「中國語は私の性格と人生を変えてくれました」「ネット上で中國語を使って外國人の友達ができました」「家族全員で中國語を勉強しています」

日本中國友好協會が主催した第37回全日本中國語スピーチコンテスト全國大會が112日に開催され、日本各地から集まった選手たちが流ちょうな中國語で自分と中國、中國語との縁を語り、集まった観客の前で自身の思い出と未來への夢をスピーチした。

全日本中國語スピーチコンテストは1983年から始まり、今年で37回目となる。同コンテストは日本の中國語學習者の中で高い影響力と知名度を誇り、日本の22の自治體から多くの參加者が集まった。スピーチコンテストは高校生、大學生、一般の3部門に分かれて行われた。

 

 

チャイナドレスと中山服を著てコンテストに參加した選手

今年の參加者のスピーチテーマは、中國語の學習経験から中日両國関係に対する考え、感動的な友情物語、自身の成長についてなど多岐にわたった。スピーチの內容がすばらしいのはもちろんのこと、選手たちの流ちょうな中國語も會場を訪れた人たちに深い印象を與えた。今年が3回目の來場だという加藤靖志さんは、「今回は皆さんレベルが高く、私が聞いた中で一番ですね」と話した。

 

 

東洋大學教授の続三義さんは2011年から全日本中國語スピーチコンテストの審査員を務めている。続教授は、「毎年學生のレベルが上がっていますが、今年は特に高校生部門と一般部門のレベルが高かったですね。特に社會人の選手たちは、中國語の基礎がしっかりしているだけでなく、皆さん忙しい中で時間を見つけて中國語を勉強しているのがすばらしいです。スピーチからは中國語を通じて両國の交流を促進したいという熱意が感じられました」と感想を述べた。

 

人民中國インターネット版 2020117

関連文章
上海天天彩选3