「中米経済貿易協議で、第三者を利用したり、悪影響を及ぼすことはない」 王毅外交部長

2020-02-21 12:21:08

 

中國の王毅外交部長はパリで21日、中米経済貿易協議に関する新華社の獨占インタビューに、次のように応えた。

中米貿易戦爭は米國が引き起こしたもので、中國は必要かつ合理的な対応を余儀なくされた。その目的は、中國の正當な権益を守るとともに、自由貿易體系を維持し、フランスを含む各國の共通利益を守ることにある。

中米の直近の協議は実質的な進展を遂げ、段階的な合意に達するための重要な基礎を築いた。雙方が相互尊重の態度に基づき、平等な協議を進め、雙方が受け入れられる問題の解決策を見つけることができることを事実が証明した。逆に、協議が妨害され挫折することになった場合は、教訓として活かすべきだ。中米が合意に達すれば、中米雙方に利益をもたらすと同時に、フランスを含む各國にもプラスとなる。合意に達するということは、中國が自ら推進する改革開放措置が多くの國から認められ支持されることを意味し、米國もより平等な態度でEUを含め他の國々と経済貿易協議を進めることになるだろう。

中米経済貿易協議で、中國は第三者を利用したり、悪影響を及ぼすことはない、ましてや中歐関係を含む第三者を犠牲にすることもない。世界最大の潛在市場として、中國の開放は各國に向けたものだ。中國の開放の門戸はますます大きく開かれ、米國だけでなく、フランスや世界にも開かれている。中國は同時に、EUが他國と経済貿易協議を進める場合も第三者に、中國の正當な利益に悪影響を與えないことを望んでおり、特に中國企業が歐州に進出する際は、より公平?公正で偏見のないビジネス環境を引き続き提供してほしい。中國は各國と共に自由貿易體系を守り、グローバル化の時代の流れに乗り、開かれた世界経済を構築していく考えだ。

 

「中國網日本語版(チャイナネット)」20191023

関連文章
上海天天彩选3